2009年11月12日

自分を知ることは社会人として当たり前のこと

自分を知るというとなにやら哲学みたいですが本当の自分を知ること、客観的に自分を見つめる力は転職においても非常に重要です。
なりたい自分となれない自分を見極めることは自分を向上させたい方の場合にはビジネスマンとして自分を見つめ直すことが大切です。自分はビジネスマンとしてこうなりたいと考えているのですが、そのためにはこういう具体的な努力が必要となるというのは分かっているのだけれど、なかなかその努力ができないというパターンですね。なりたい自分となれない自分をハッキリと捉えておく必要があります。ただしこれはなかなか難しいのですが、自責の人か他責の人かということにも、密接に関係しています。
一般的に何をしてもうまくいかないパターンの典型的な考え方は自分が評価されないのは周りが悪いからだという考え方です。そしてなりたい自分になっていく人というのは、なりたい自分を目指して、仕事に打ち込みまっすぐに努力ができる人です、自分か評価されないのは自分が悪いからだと自覚することができる人だけがその道を歩むことができます。
何にでも当てはまるといわれている80対20の法則ですが、ビジネスマンは30代中盤から後半にかけて、上位20%とその他の80%に分かれていくことになるのはこの自責の人か他責の人かによるといわれています。
また、転職においても転職する理由としては、やりがいのある仕事、それに見合ったお給料といった、いわゆるキャリアアップを図ることが目的として考えられていますが、果たして本当に明確な目的をもって転職を考えている方はどのくらいいるでしょうか?ただ単に毎日の同じ仕事、単調な仕事から逃げ出したくなるという理由でなんとなく転職・・・というパターンは上手くいきません。こういった展開だけは避けたいものです。
最近では社内公募制度(ジョブ・ポスティング)といったものがかなり一般化してきているのもありますのでいまいち転職に踏み切れない方はまず、社内公募制度を利用するのが賢明です。こういった社内でまず経験を積むことによっていざ退職、そして転職となった場合でもこの社内で得た経験は必ず役にたつはずです。
また、残念ながら社内公募制度などがなく十分なキャリア、実績を挙げることができないのなら、自分の担当した業務に関連のある資格を取得することも転職に備えるひとつの方法です。
経理部門で3年程度の実務経験があるのなら簿記、販売業務系であれば販売士、その他にもTOEICや秘書技能検定、消費生活アドバイザーなどの資格はいかがでしょうか?実務経験のキャリアに見合うレベルの資格取得を目指してみることをオススメします。きっと転職をする際に役にたつことになるでしょう。
posted by 転職 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月04日

自分の価値を高める方法

新卒採用であれば、誰もが社会人として働いた経験がないわけですから、採用する企業側としても、その個人が持っている適性や可能性で評価して採用しますが、転職をするうえにおいての中途採用者の価値とは、基本的に経験と実績がすべてがものをいいますが、社会人としての一定の経験を踏まえて評価されるわけですから、モラトリアム気分が抜けきらないような人は採用されません。現在の日本においてはなんといってもまず精神的な自立が求められています。
ここ2〜3年の成人式での報道などを見ても、年齢的、肉体的には十分に成人にふさわしいのに世の中では、「今の若い人たちは、実際の年齢に対して、7掛け、8掛けぐらいの精神年齢だ」といわれているようです。
一説には「30歳成人説」というものもあるほどです。大学時代はモラトリアムでも、就職というイベントを境にそのモラトリアム状態から脱却していくのが一般的です。しかし、最近の傾向としては、学校を卒業してとりあえず就職はしたものの、働き始めてもモラトリアムが延長されている、モラトリアム気分が抜けきらずに残っているという方が多いとききます。原因には少子化が進んでいるのもあるかもしれません。親側が子供たちを手放さないのですね。子離れ、親離れができずに依存していく生活では、精神的な自立はおぼつかないことはわかりきったことです。
さて、この基本を押さえた上で、転職をする上で自分の市場価値を測る方法ってあるのだろうか?って思うことでしょう。これは簡単です。いくつかの会社をうけて、合格したか?そしてどの程度の報酬を呈示されたかということで自分の価値を知る方法。またいくつかの人材紹介会社に登録したり、ヘッドハンターに直接面談をして、自分の市場価値を判断してもらう方法。
最近では、インターネットで適職を判断しているサービスもあるのですがインターネット型の査定サービスを運用している会社に登録し、そこから年収や適職査定結果を手に入れることができます。
また、あなたの知らないあなたを知っている友だちは貴重な情報源となります。あなたは自分自身については、内面的にはよく知っているでしょう。
しかし、その一方で、あなたが他人にどのような印象を与えているかとか、あなたを人に紹介する時にどんなふうに説明するかということは知らないですよね。外から見たあなたについては友だちほど詳しくはないはずです。
そんな社会的視点から見た自分をよく知っていて、あなたに教えてくれる貴重な存在が友だちです。友だちは、あなたが仕事を探しているという相談をすることで、思わぬ話をもってきてくれることもよくあります。自分ひとりで悩まず友達に相談することで自分の価値を知るきっかけになることもよくある話です。
タグ:価値 新卒
posted by 転職 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。