2009年11月28日

転職の考え方:現代転職事情

転職に対して以前ほど抵抗がある方が少なくなったのも関係があるかもしれません。転職情報誌や転職紹介会社の吊り広告を多く見かけるようになりました。
転職初心者であるあなたにとっても頼りにすべき情報が多くあることは歓迎できることでしょう。インターネットで転職に関する情報を得ることも簡単にできます。
しかし、最近では転職がブーム?というのでしょうか?20代の若年層を中心に離職率が年々高まってきているようです。誤解をしないで欲しいのですが就職をして社会人としての基本を身につけ、ある程度の経験を積むには、どうしても一定の時間が必要でしょう。
見習いの使い走りのような状態から始めて、皆に認められるようになり、少しずつ重要な仕事を任されるようになっていろいろな経験をつむのにはやはり5〜10年という期間が必要となるのではないのでしょうか?
こういったことからも安易な転職に関して警告を発する専門家もいるようです。
さて、転職活動をしている人にとって、採用通知を受け取る瞬間は、間違いなく嬉しいものでしょう。
ところが、最近のある大手インターネット企業の調査で、転職経験者に転職は成功だったかと聞いたところ半数近い四六%が、どちらともいえない、いいえと回答したそうです。この数字から、必ずしも転職が成功とはいえず、一般的には、一日の半分以上を仕事に使っているわけですから、自分の希望する仕事ができなければ楽しいはずはありませんよね。もちろん人によって、自分の持ち味が活かせる、自分はこれをやりたい、こんな経験を積みたい、こんな強みを活かしたいなどあると思いますが、本当の充実感というものは、仕事を通して自分の希望が実現できて初めて得られるものでしょう。転職というのは自分が本当に本気で取り組みたいと思う仕事を見つける旅ともいえそうですね。
転職をして自分にとってうまくマッチしない仕事に決まった場合、方向修正を考え、すぐに辞めようとしても、その履歴は、後々まで残ってしまいます。この履歴が次の転職活動の足かせになってしまうこともあります。
安易な転職はどうして、こんなに短い期間で辞めたのですか?とか、なぜ、その仕事を選んだのですか?という質問に答えていかなければなりません。こういったことからも転職に関しては長い目で見つめる必要、事前の下調べが今後の人生を大きく左右する可能性があるということを認識しておく必要があります。
転職本や雑誌の記事を見ると、給与をはじめ、その会社のさまざまな情報や、履歴書の書き方、手続きや面接での心得、成功者の体験談などがこと細かに紹介されていますのでそういった情報も参考にしてみましょう。
ラベル:転職 事情
【関連する記事】
posted by 転職 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。