2009年11月20日

正社員への道のり

厳しさが続く転職活動という方も多いようですが、スキルも実績も乏しい状態では、一般応募をしたり人材紹介会社に登録したとしても、つらく厳しい状況が続くのは目に見えています。そういったこともあり転職活動で正社員ということではなく派遣スタッフというワーク・スタイルを選択する方が増えてきているようです。
また派遣スタッフはアルバイトと違って、雇用保険や健康保険などの社会保険も整備されていますから、こういう点でも、転職活動がうまくいっていないからといってアルバイトで働くよりも派遣スタッフのほうが安定しているといえるでしょう。また派遣スタッフの対象となる職種は原則自由になったこともありこれまでの一般事務・秘書をはじめ営業、販売員はもちろん研究開発、企画、技術者、インストラクターなども可能になりました。さらに、人材派遣会社では、スタッフヘの教育制度が充実しているところも多く、PCスキルなどの習得も可能となっていることもあり派遣スタッフとして働きながらさらに高度な専門性を身に付けることができることからも多くの方に利用されています。
今後の企業の非正社員重視の傾向は、ますます加速されることが予想されていることもあり特に自分にアピールすべき専門性がない場合には、いきなり転職による正社員を目指すよりも、まず働く場所として派遣スタッフを選択するというのもいいのではないのでしょうか?
現在の企業をとりまく環境から判断すると特に正社員にこだわる必要性というものは薄れてきた感があります。
また、現在正社員として働いている方が転職を探しながら仕事をするという方も増えました。これから先のキャリアを考えた場合、どんなに条件がいい話であってもあなたにとって移るに値する話でない限り年収が上がるか下がるかだけで転職を判断することはオススメできません。求人広告は、転職や仕事を探している人にとって、もっとも興味を持って見る情報の一つですが、自分の次の仕事を心に決めて探してみると、自分がイメージする仕事は、求人広告にはなかなか出てこないということもよくあります。こういったときには無理に転職をする必要はありません。自分のスキルを磨きましょう。
たとえばベンチャー企業に転職したいのだったら、私は将来独立したいから、ベンチャーで会社経営を学びたいということであれば転職するべきでしょう。しかし自分の将来のビジョンも描けていない状態でただ年収が上がるからという理由で転職するとかならず後悔します。転職はその後の人生を左右しますからじっくりと考えましょう。
タグ:正社員 派遣
【関連する記事】
posted by 転職 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/131291961
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。